多種多様なボトックス効果【体のコンプレックスを解消できる】

目の下のたるみを解消

ボディ

目元の施術に効果的

目の下のたるみによって老けて見られたり、たるみが要因となり黒っぽいクマのように見えたりといった、目元のコンプレックスは美容整形で解消可能です。しかし、美容整形といえば顔にメスを入れる手術というイメージがあり、なかなか1歩を踏み出せないという人も多いでしょう。目の下のたるみ、そしてたるみによる黒クマはメスを使わないプチ整形の「ボトックス注射」でも、改善することができます。施術は注射器で薬剤を注入するだけの簡単なものなので、美容整形に不安を感じている人も施術を受けやすいでしょう。ボトックス注射に使用されるボツリヌス製剤は、注入した箇所の神経を麻痺させ筋肉の動きを弱くするという作用があります。筋肉の動きを抑制するというボトックス効果によって、表情筋が要因となっている場合は目の下のたるみも軽減することが可能です。ボトックス効果は即効性が高く、目の下のたるみを取る場合には施術後約3日程度で、徐々にたるみ改善の効果が現れ始めます。個人差はありますがボトックス注射後、7日から10日程度の期間が過ぎれば目元のハリがアップしたと感じられるでしょう。ボツリヌス製剤は時間と共に分解されるので、1回の施術で目元のハリをキープできる期間は約3ヶ月から6か月程度です。この期間を短いと感じる人もいるかもしれませんが、ボトックス注射は治療を受け続けることによって持続効果が長くなると言われています。ですので、定期的に施術を繰り返し受ければ目の下のたるみを目立たなくする期間も伸び、施術回数も少なくすることができるのです。目の下のたるみをボトックス効果で解消するという場合、できるだけ定期的に施術を受け続ける必要があります。何回も施術を繰り返し受けるとなると、やはり気になるのはボトックス注射にかかる金額ということもあり、料金の安いクリニックを選んでしまいがちです。ただ、安さで選んだクリニックだったのにも関わらず、場合によっては意外と高くついてしまうケースもあるようです。ボトックス注射の金額に大きな影響を与えるのは「麻酔代」と言われており、麻酔の方法によって支払う料金は大きく変わります。ボトックス効果を得るにはボツリヌス製剤を注射器で注入する必要がありますが、施術の際には麻酔を事前に行っておく必要があります。麻酔無しで施術を受けるということも可能ではあるものの、注入時の痛みは強くなるので麻酔を施すのが一般的です。ボトックス注射時に用いられる麻酔方法としてポピュラーな麻酔クリームの場合、1回の施術にかかる平均相場は約2000円から5000円程度です。麻酔テープとなるとより安く、500円から3000円というリーズナブルな料金で、麻酔を受けられるようになっています。ただ、注射を顔に刺すという行為に強い不安を感じている人の場合には、笑気麻酔といってガスを使う麻酔が選ばれることもあるようです。笑気麻酔は設備が整っていないとできないため、1回の麻酔にかかる費用相場は3000円から5万円と高めの金額設定になっています。ボトックス注射を受ける時には、どのような麻酔方法なのか・料金に麻酔代まで含まれているのかといった点に注意して、クリニックを選びましょう。

Copyright© 2018 多種多様なボトックス効果【体のコンプレックスを解消できる】 All Rights Reserved.